無題

「降りたい」「好きにならなければよかった」って思いながら泣いて過ごした日々を通り過ぎて、今。私には励ましの言葉をかける権利も、怒りをぶつける権利もないと思ってる。明日か来週か来月か来年か、何もわからないけど、もとに戻れたとして、彼を待ち受けるであろう平坦ではない道を歩む未来を応援できるのかと言われれば分からない。

報道が出てから、知った顔して語る他担や他G担、ふつうの友人の多さにひいて、絶望した。こうやって「活動自粛」っていう答えが出たからかもしれないけど、なんで過去のことも掘り返して「あのときから嫌だった」なんて叩くのなんなのかな。ブロックしようかと思ったけど馬鹿らしくてやめた。愚痴垢と呼ばれるアカウントより、知った顔な分余計に傷ついた。誰の言葉も見たくなくてツイッターは放置した。

ラテ欄に並ぶ「NEWS小山」の文字。一般紙にまで顔写真付きで掲載されてしまう衝撃。それでもまだわたしは夢だと思っている。どんな報道もファンもアンチも一般人の言葉も今は見たくない。

QUARTETTOのときNEWSから離れたことを今もひきずり、NEVERLANDのDVDは怖くて見ていない私。日々Whiteに戻りたいと切に願っている。本人に向けたい言葉はない。けど、NEWSのおかげで最高の幸せを感じた私も、どん底から何度も何度も見えない可能性に懸けて向き合ってきたつもりだった私も確かにここにいる。だから、降りたことを後悔させるくらい活躍してほしい。

私は降りた。苦しい思いなんて二度としたくなくて。でも今は、いつ誰に裏切られるか不安で仕方ない。どうせいつか傷つけられるなんて、自担に失礼なことばかり考えている。人間って怖いよね。